高松市立香川第一中学校は、高松市香川町にある市立中学校です。

香川第一中学校では、環境教育を目的として生物の飼育、展示に力を入れています。生徒たちは自然環境を守らなければいけないことを分かってはいるものの、どこにどのような生物が生活をしていて、なぜ減ったのかということはわかっていないことが多いです。

特に、最近ではゲームやSNSが遊びの中心となり、屋外で遊ぶ機会は減ってきています。比較的自然が多く残されている地域でも同様です。そこで、自然環境について考えるきっかけとして、生き物の存在を知るということは重要なステップだと考えています。

展示を始めて、生徒と水替えや世話をしていると「この魚どこおるん」とか、「こんな魚が香川におったんや」などと興味を示す生徒が増えてきました。中には、「ドブガイならこの間、池からながれてきとったで」とか「ため池でつりをしてみたらブルーギルしかおらんかったけどなんでなん」などと深い興味を示す生徒もいます。

展示を通して、身近な生き物の存在を知り、その生き物たちのすむ環境に興味をもち、そして自分たちにできることを考えられる生徒が増えていくといいなと願っています。

高松市立香川第一中学校(香川県高松市香川町浅野1188番地)